御申じょう療法 龍勢舎 石川県金沢市新神田5丁目35 

御申じょう療法 龍勢舎
痛みや難病に著しい効果、多くの実績を上げています
新着情報
2013.07.02
HP開設しました。

RSS
全て表示

治療全般 1回から数回の治療で完治させる

御申じょう療法(ごしんじょうりょうほう)とは、日本貴峰道協会 主宰 貴田 晞照先生が、「氣を流せば病は治る」という考えより考案された療法です。

御申じょう療法(ごしんじょうりょうほう)とはどのような病気であろうと、過剰なエネルギー(邪氣)を取り去り正常な氣の流れにすることにより、消化・吸収・代謝・解毒処理などの生命現象を活性化し、生命エネルギーの場を正しくして身体を正常な状態に戻していくというものです。

氣や邪氣、生命エネルギーの場など聞きなれない言葉だと思いますが、要は自然治癒力を高め病気や怪我を治していく療法です。

純金の棒(御申じょう)にて摩る、押すだけなので、副作用の心配もございません。

治療全般 1回から数回の治療で完治させる
治療効果には個人差があり、すべての病気や怪我が治るわけではありませんが、
継続することで身体が正常な状態に近づいていくことが期待できます。

長期間にわたる薬の服用や、ステロイドなどを投与していた場合好転反応が現れる場合があります。好転反応については「好転反応について」をお読みください。

頭痛・鞭打ち・肩凝り・腰痛・坐骨神経痛・膝痛などの部分的な施術をご希望の場合は、予約は必要ありません、接骨院の診療時間内にお越しください。
このような症状については、何回も通院する必要はありません。
特別酷い場合を省き、ほとんどが1回〜3回程度の施術で完治します。

上記のような部分的な施術で負傷原因が明確な場合や交通事故、労働災害などにつきましては各種健康保険、自賠責保険、労災保険を使用することができますのでご相談ください。

健康保険を使用できる場合でも症状が酷い場合については、自由診療をお勧めします。
保健診療については、「さかした接骨院のご案内」をお読みください。

どのような状態でも、1日も早く完治させることを心がけていますが内科的疾患、免疫系疾患、アトピー性皮膚炎、アレルギーなどは数回から数十回の施術が必要かと思われます。